開運の財布

開運日

トップページでもご紹介したように、開運日と呼ばれる縁起の良い日があります。

ここでもう一度簡単な説明をあげておきますね。

 開 運 日 
大安 万事において吉日といわれるめでたい日。購入、事始めなど何事においても吉とされ、成功しないことはない日と言われます。
寅の日 金運アップの日。寅の黄色の縞模様が金運の象徴。寅の持つ力でお金が出ても必ず戻ると言われます。
一粒万倍日 一粒のもみが万倍に実って戻ってくると言われ、お金が何倍にも増えるということから財布と縁のある日とされています。
巳の日 蛇、特に白蛇(巳)は弁財天の使いとされ、金運にまつわる願い事が弁財天に届けられる日といわれます。
己巳の日 つちのとみのひと読みます。巳の日のなかで弁財天の縁日といわれ、一層金運がアップする日といわれます。
天赦日 神々が天に集まり万物の罪を赦す日とされ日本の暦の上では最高の吉日と言われます。年に5,6回しかない大吉日といわれます。

 

このほかにもお月様は昔から運勢に大きく関わると考えられており、特に風水では 新月と、満月はそれぞれ運勢を大きく左右する日とされています。

月齢による運勢
新月 風水では、新しいことを始めたり、使い始めるのに最適の日とされています。新月は始まりの運気を持つと言われます。
満月 満月はパワーの満ち溢れている日。体に月光を浴びたり、財布に月光を当てると運気が高まると言われます。

 

これらの開運日と呼ばれる縁起の良い日は、ある周期で巡っています。ですから、縁起の良いといわれる日が複数重なる日が存在します。大開運日です。

新しいことを始めたり、運に関するものを購入したり、使い始めたりする日として選ぶと良い日ですね。

開運カレンダー

そうした開運日を事前に知るのに便利な海運カレンダーというものがあります。

開運カレンダー

 

参考にして、良い日を選んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2018 ついてる通販 rss